労務ぷらんコラム

とある社労士の就業規則コラムⅢ 13(有期契約社員の雇い止め)   [2014.10.29]

神戸の就業規則社労士:井上です。

 

キャリアアップ助成金のご相談を受けると、契約社員について、あれこれ聞かれますので、

ここでは、ご質問の多い雇い止めについて、まとめてみました!!

 

 

まず、雇止めとは、期間の定めのある労働契約で、

期限が到来した際に次の契約更新を行わないことを言います。

 

更新をしない場合、契約期間が1年未満または更新が2回までの労働契約の場合は、

契約期間の満了をもって退職してもらうことができます。

ただし、下記ケースに該当する時は、契約期間が満了する日の30日前までに、

その予告をしなければなりません。

 

 

・労働契約が3回以上更新されている場合

・1年以下の労働契約が更新または反復更新され、最初に労働契約を締結してから継続して1年を超える場合

・1年を超える契約期間の労働契約を締結している場合

つまり!

従業員から見て、「雇い続けられるだろう」と期待するに足りる十分な事情がある場合には、

会社としては所定の期間が終了したからという理由だけでは契約を終了させることはできないのです。

上記のような場合、正社員とほとんど変わらない実態があると判断され、解雇法理が類推適用されることとなります。

有期契約労働者としては、何度も契約を更新されれば、次も更新されるだろうと思い込んでしまいます。

契約終了前にいきなり雇い止めを通告されてしまうと、

素直に受け入れたくないのが心情でしょう。

 

その場合、労使トラブルに発展する恐れがあります。

 

こういった状況を防ぐためには、契約の終了前ではなく、

更新時に「次回は更新しない可能性がある」ことを伝えておくべきでしょう。

 

労務プランニング オフィスINOUE

http://romuplan.com/

office-i@romuplan.com

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

コラム カテゴリ別

業界特化型就業規則

  • 就業規則 介護事業所・社会福祉法人
  • 就業規則 飲食店
  • 就業規則 病院・クリニック
  • 就業規則 幼稚園・保育園
  • 就業規則 トラック運送業

業務内容

  • 顧問サービス
  • メンタルヘルス対策顧問
  • 助成金顧問
  • 助成金申請
  • 派遣・職業紹介事業の手続き
  • 就業規則
  • 書類作成・提出代行
  • 手続き代行
  • 障害年金のご相談
  • 行政調査対応

コラム新着記事

ブログ新着記事

メディア掲載実績

月刊 ビジネスガイド

月刊 ビジネスガイド(2012年6月号)に記事が掲載されました。

「元健保組合職員の実体験に基づく!健康保険の給付に関する調査ポイントと請求書作成上の留意点」

健康保険の請求(健康保険組合に限る)は保険者に提出された後、担当者により調査が行われた上で最終的に理事長の決裁により決定されます。では、担当者はポイントをどこにおいて、どのように調査を進めていくのでしょうか。

その他のメディア掲載実績

事務所案内

  • 労務プランニング オフィスINOUE
  • 代表:井上 正宣
  • 〒651-1113
  • 兵庫県神戸市北区鈴蘭台南町6丁目5-8 リリービラ2W
  • 電話:078-220-2996
  • FAX番号:078-220-2996
  • 営業時間:平日 9:00~18:00

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

対応強化エリア

  • 兵庫県神戸市垂水区
  • 兵庫県神戸市須磨区
  • 兵庫県神戸市長田区
  • 兵庫県神戸市兵庫区
  • 兵庫県神戸市中央区
  • 兵庫県神戸市灘区
  • 兵庫県神戸市東灘区
  • 兵庫県神戸市北区
  • 兵庫県神戸市西区