労務ぷらんコラム

【労働基準】時間外労働に月の上限を設ける   [2018.12.05]

神戸の社労士、マサ井上です!

 

仕事はないが、社員か帰らないから、残業時間が多い。

人手不足で残業時間が多い。

など、日本には早く帰ってはいけない法則があるかのように、残業をしております。

 

しかし!?

2019年4月を目処に労働基準法が改正される方向で進んでいます。

36協定(休日労働と時間外労働の労使協定のこと)には、

月に45時間、1年間で360時間以内という基準が設けられていますが、

罰則がない上に繁忙期等は「特別条項」を設ければ、

実質いくらでも残業時間が設定できる状況でした。

 

これを見直すため、36協定を超えて働かせる特別条項に上限ができるようになります。

時間外限度基準告示にとどまる上限規制を法律に格上げし、違反には罰則を適用することで、

強制力が高たり、臨時的、特別な事由があり労使が合意した場合でも、

上回ることのできない上限を設定し、

過重労働による健康障害防止の徹底を図るといった目的があります。

 

 

概要は下記のとおりです!

●臨時的な特別の事情がある場合として、労使が合意して労使協定を結ぶ場合においても、

上回ることができない時間外労働時間を年720時間(=月平均60時間)とする

 

●年間720時間以内において、一時的に事務量が増加する場合について、

最低限上回ることのできない上限を下記の通り設ける

①2ヵ月、3ヵ月、4ヵ月、5ヵ月、6ヵ月の平均で、いずれにおいても、休日労働を含んで80時間以内とする

②単月では、休日労働を含んで「100時間未満」とする

③上記の特例の適用は、年半分を上回らないよう、「年6回」を上限とする

従業員の健康管理のためにも時間外労働・休日労働は必要最小限にとどめるようにするほか、

法令順守のためにも、36協定の見直しに取り組む必要があります。

 

なお、36協定なく残業をさせたなど、現行の第36条違反は、30万円の罰金です。

 

 

健康で働ける職場づくりのお手伝い♪

労務プランニング オフィスINOUE

http://romuplan.com/

office-i@romuplan.com

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

コラム カテゴリ別

業界特化型就業規則

  • 就業規則 介護事業所・社会福祉法人
  • 就業規則 飲食店
  • 就業規則 病院・クリニック
  • 就業規則 幼稚園・保育園
  • 就業規則 トラック運送業

業務内容

  • 顧問サービス
  • メンタルヘルス対策顧問
  • 助成金顧問
  • 助成金申請
  • 派遣・職業紹介事業の手続き
  • 就業規則
  • 書類作成・提出代行
  • 手続き代行
  • 障害年金のご相談
  • 行政調査対応

コラム新着記事

ブログ新着記事

メディア掲載実績

月刊 ビジネスガイド

月刊 ビジネスガイド(2012年6月号)に記事が掲載されました。

「元健保組合職員の実体験に基づく!健康保険の給付に関する調査ポイントと請求書作成上の留意点」

健康保険の請求(健康保険組合に限る)は保険者に提出された後、担当者により調査が行われた上で最終的に理事長の決裁により決定されます。では、担当者はポイントをどこにおいて、どのように調査を進めていくのでしょうか。

その他のメディア掲載実績

事務所案内

  • 労務プランニング オフィスINOUE
  • 代表:井上 正宣
  • 〒651-1113
  • 兵庫県神戸市北区鈴蘭台南町6丁目5-8 リリービラ2W
  • 電話:078-220-2996
  • FAX番号:078-220-2996
  • 営業時間:平日 9:00~18:00

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

対応強化エリア

  • 兵庫県神戸市垂水区
  • 兵庫県神戸市須磨区
  • 兵庫県神戸市長田区
  • 兵庫県神戸市兵庫区
  • 兵庫県神戸市中央区
  • 兵庫県神戸市灘区
  • 兵庫県神戸市東灘区
  • 兵庫県神戸市北区
  • 兵庫県神戸市西区