労務ぷらんコラム

【年金】年金は、パートに厳しく、金持ち優遇か?   [2019.11.13]

神戸の社労士、マサ井上です!

日経新聞の記事です。

「年金減額基準「月収51万円」 金持ち優遇批判に揺れる」

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52057950S9A111C1EE8000/?n_cid=NMAIL007_20191112_Y

金持ち優遇ですか((+_+))

昔、母が「一升瓶には一升しか水は入らない」と言っていましたが、

在職老齢年金の制度で、働いても収入が増えないのは事実です。

この在職老齢年金は、2つに分かれます。

1つは、60歳台前半(60歳から64歳)

2つは、65歳以上

です。

 

今回の話は、65歳以上の在職老齢年金です。

この制度は、老齢基礎年金の部分は全額支払い、

老齢厚生年金の部分を減額しようということです。

平たく言うと、月々の給与と年金の1か月分を足して、

47万円を超えたら、超えた分の1/2を停止にするということです。

この47万円を51万円にアップしようと言うのです。

65歳を超えて、一定の収入がある人と言えば、会社役員等が該当しますが、

年金受給者の上位1%に当たるそうです。

その人に対し、さらに優遇する必要があるのか?

という内容の記事です。

 

なるほど!?

 

老齢基礎年金の満額が、約8万8千円/月

厚生年金と給与で47万円/月

およそ56万円弱の月額収入があるわけですね!?

年金は、要らんだろう!

という内容の記事です。

 

さて、一方でパートには厳しい記事があります。

パート厚生年金 「従業員50人超」軸 厚労省、適用拡大へ

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52084940S9A111C1EE8000/?n_cid=NMAIL007_20191113_A

従業員数501人以上の大企業は、週20時間以上勤務するパートについて、8万8千円の月額から厚生年金に加入しないといけません。

これを50人超からに変更したいという内容です。

パートの保険料を月額の上がった在職老齢年金に充てるのか?

と思われても仕方がないですね。

 

とにかく、一貫性が無いので、笊法と言われても止む無し!

労務プランニング オフィスINOUE

http://romuplan.com/

office-i@romuplan.com

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

コラム カテゴリ別

業界特化型就業規則

  • 就業規則 介護事業所・社会福祉法人
  • 就業規則 飲食店
  • 就業規則 病院・クリニック
  • 就業規則 幼稚園・保育園
  • 就業規則 トラック運送業

業務内容

  • 顧問サービス
  • メンタルヘルス対策顧問
  • 助成金顧問
  • 助成金申請
  • 派遣・職業紹介事業の手続き
  • 就業規則
  • 書類作成・提出代行
  • 手続き代行
  • 障害年金のご相談
  • 行政調査対応

コラム新着記事

ブログ新着記事

メディア掲載実績

月刊 ビジネスガイド

月刊 ビジネスガイド(2012年6月号)に記事が掲載されました。

「元健保組合職員の実体験に基づく!健康保険の給付に関する調査ポイントと請求書作成上の留意点」

健康保険の請求(健康保険組合に限る)は保険者に提出された後、担当者により調査が行われた上で最終的に理事長の決裁により決定されます。では、担当者はポイントをどこにおいて、どのように調査を進めていくのでしょうか。

その他のメディア掲載実績

事務所案内

  • 労務プランニング オフィスINOUE
  • 代表:井上 正宣
  • 〒651-1113
  • 兵庫県神戸市北区鈴蘭台南町6丁目5-8 リリービラ2W
  • 電話:078-220-2996
  • FAX番号:078-220-2996
  • 営業時間:平日 9:00~18:00

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

対応強化エリア

  • 兵庫県神戸市垂水区
  • 兵庫県神戸市須磨区
  • 兵庫県神戸市長田区
  • 兵庫県神戸市兵庫区
  • 兵庫県神戸市中央区
  • 兵庫県神戸市灘区
  • 兵庫県神戸市東灘区
  • 兵庫県神戸市北区
  • 兵庫県神戸市西区