労務ぷらんコラム

【高齢者雇用】70歳までの雇用を考える   [2018.12.19]

神戸の社労士、マサ井上です!

 

本日、お客さんに「70歳までの雇用」について、説明に行くのですが、この件についてまとめてみました。

 

高年齢者雇用安定法では、定年の廃止や引き上げ、継続雇用制度のいずれかを義務付けており、

定年退職者の65歳までの雇用が義務付けられ、

ほぼ全ての企業で65歳まで働ける環境が整備されてきているかと思います。

はずです。

 

内閣府が平成26年に高齢者の日常生活に関する意識調査を行ったところ、

60歳以上の回答者の8割が「70歳以降まで働くことを希望」していることが分かりました。

70歳までの就業機会確保では、企業に「多様な選択肢のいずれかを求める方向」と明記し、

将来の義務化を検討する方針を示したもので来夏に実行計画をまとめ、

早期の法制化を図るという内容のもので有ります。

 

しかし、高齢者の仕事能力・体力には大きな差があり、現役以上のスキルを持つ者もいる半面、

職場の即戦力と言えない場合も少なくないのが現状かと思います。

定年退職直前よりも2~3割減の給料は、前者には低すぎ、後者には高すぎる。

何より定年後は1年契約等の非正規社員(嘱託社員など)の扱いのため、

有能な人材でも責任のあるポストには就けられないという現状が生じるなどが考えられます。

 

当然、健康状態の差も大きく地域での人材活用など、

同一企業での雇用延長にこだわらない柔軟な対応が求められる事となりそうです。

これらをふまえ、70歳までの延長については、当面は努力義務にとどめ、

企業の対応を促す考えのようになるかと予想はされます。

 

また、70歳以上の定年を採用した場合や雇用継続制度を導入した場合は、

下のリンクのような助成金もありますので、活用してください。

http://www.jeed.or.jp/elderly/subsidy/index.html

高齢者の就業機会の確保は、さらなる働き方改革のきっかけとなってくるのではないでしょうか。

 

 

労務プランニング オフィスINOUE

http://romuplan.com/

office-i@romuplan.com

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

コラム カテゴリ別

業界特化型就業規則

  • 就業規則 介護事業所・社会福祉法人
  • 就業規則 飲食店
  • 就業規則 病院・クリニック
  • 就業規則 幼稚園・保育園
  • 就業規則 トラック運送業

業務内容

  • 顧問サービス
  • メンタルヘルス対策顧問
  • 助成金顧問
  • 助成金申請
  • 派遣・職業紹介事業の手続き
  • 就業規則
  • 書類作成・提出代行
  • 手続き代行
  • 障害年金のご相談
  • 行政調査対応

コラム新着記事

ブログ新着記事

メディア掲載実績

月刊 ビジネスガイド

月刊 ビジネスガイド(2012年6月号)に記事が掲載されました。

「元健保組合職員の実体験に基づく!健康保険の給付に関する調査ポイントと請求書作成上の留意点」

健康保険の請求(健康保険組合に限る)は保険者に提出された後、担当者により調査が行われた上で最終的に理事長の決裁により決定されます。では、担当者はポイントをどこにおいて、どのように調査を進めていくのでしょうか。

その他のメディア掲載実績

事務所案内

  • 労務プランニング オフィスINOUE
  • 代表:井上 正宣
  • 〒651-1113
  • 兵庫県神戸市北区鈴蘭台南町6丁目5-8 リリービラ2W
  • 電話:078-220-2996
  • FAX番号:078-220-2996
  • 営業時間:平日 9:00~18:00

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

対応強化エリア

  • 兵庫県神戸市垂水区
  • 兵庫県神戸市須磨区
  • 兵庫県神戸市長田区
  • 兵庫県神戸市兵庫区
  • 兵庫県神戸市中央区
  • 兵庫県神戸市灘区
  • 兵庫県神戸市東灘区
  • 兵庫県神戸市北区
  • 兵庫県神戸市西区