労務ぷらんコラム

就業規則社労士の奇妙なコラム31 (学生の内定辞退に賠償請求)   [2015.09.01]

皆様ごきげんよう!

神戸の就業規則社労士の井上です。

 

さて、来年に向け就活生を内定したという企業様も多いのではないでしょうか?

中には、内定辞退という就活生もいるでしょう。

 

内定辞退は会社にとって困ったことですが、

内定辞退について学生に損害賠償請求ができるかというと、厳しいのが実情です。

内定は「解約権を留保した始期付雇用契約」という法的な性格があります。

 

入社日(例えば4月1日)から働くという『始期』と、従業員として不適格であると入社日前に分かった場合には、

会社が内定を取り消すことができる『解約権』が含まれています。

つまり内定は、期限や会社の解約権などの条件が付いた雇用契約であると言われています。

したがって内定辞退についても普通の雇用契約の対象と同じように考えることができます。

雇用契約終了は2週間前に言えばよい

契約期間が決まっていない労働契約では、2週間前に会社を辞めることを伝えれば、会社を辞めることができます。

従って、内定した場合でも、

学生は入社の2週間に入社を辞めることを会社に伝えれば入社を取りやめることができます。

この場合、学生の会社に対する損害賠償は発生しないでしょう。

逆に2週間前という期限を守らず、突然内定を辞退して、

会社に損害を与えてしまった場合、

会社に対して損害賠償を支払わなければならない可能性があります。

ただ、まだ働いていない入社前の学生が内定を辞退したからといって、

すぐに会社に大きな損害が出る可能性は低いです。

なので、学生に対して損害賠償が命じられることは珍しいと考えられます。

学生が入社直前に内定を辞退したとしても、

会社に損害賠償しなければならない場合は珍しいですが、

社会の常識からいって、できるだけ早く会社に辞退の旨を伝えるにこしたことはないでしょう。

 

法律や契約のみで判断していたのでは、人としては如何なものか?

労務プランニング オフィスINOUE

http://romuplan.com/

office-i@romuplan.com

 

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

コラム カテゴリ別

業界特化型就業規則

  • 就業規則 介護事業所・社会福祉法人
  • 就業規則 飲食店
  • 就業規則 病院・クリニック
  • 就業規則 幼稚園・保育園
  • 就業規則 トラック運送業

業務内容

  • 顧問サービス
  • メンタルヘルス対策顧問
  • 助成金顧問
  • 助成金申請
  • 派遣・職業紹介事業の手続き
  • 就業規則
  • 書類作成・提出代行
  • 手続き代行
  • 障害年金のご相談
  • 行政調査対応

コラム新着記事

ブログ新着記事

メディア掲載実績

月刊 ビジネスガイド

月刊 ビジネスガイド(2012年6月号)に記事が掲載されました。

「元健保組合職員の実体験に基づく!健康保険の給付に関する調査ポイントと請求書作成上の留意点」

健康保険の請求(健康保険組合に限る)は保険者に提出された後、担当者により調査が行われた上で最終的に理事長の決裁により決定されます。では、担当者はポイントをどこにおいて、どのように調査を進めていくのでしょうか。

その他のメディア掲載実績

事務所案内

  • 労務プランニング オフィスINOUE
  • 代表:井上 正宣
  • 〒651-1113
  • 兵庫県神戸市北区鈴蘭台南町6丁目5-8 リリービラ2W
  • 電話:078-220-2996
  • FAX番号:078-220-2996
  • 営業時間:平日 9:00~18:00

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

対応強化エリア

  • 兵庫県神戸市垂水区
  • 兵庫県神戸市須磨区
  • 兵庫県神戸市長田区
  • 兵庫県神戸市兵庫区
  • 兵庫県神戸市中央区
  • 兵庫県神戸市灘区
  • 兵庫県神戸市東灘区
  • 兵庫県神戸市北区
  • 兵庫県神戸市西区