コラム「ちょっと知っておきたい健康保険♪」

算定基礎について その1   [2012.05.18]

算定基礎について その1

7月の算定基礎まで、1か月少々となりました。
“健康保険の鬼”としては、血が騒ぎますね(笑)

算定基礎ですが、健康保険・厚生年金保険・介護保険の保険料徴収の基礎となるお給料の額を決めて、
本年9月から翌年8月までその金額を使って、保険料を徴収するという制度です。

しかも、その金額は、等級表に当てはめていますから、所得税や雇用保険のように「円」単位に率を掛けるのではありません。

4月~6月の平均額が、「195,000円以上210,000円未満」の人は、

標準報酬月額表に当てはめて、皆、200,000円なのです。

 

まとめると
① 4月~6月の給与額を平均して新しい標準報酬月額を決定する
② 新しい標準報酬月額は、9月分以降に反映させる
③ 平均計算に加えることにふさわしくない月の給与は①の計算から除く
となります。


さて!ここで問題です。

4~6月がとてつもなく高い給与で、それ以外は、低い給与の方がいたとします。

今までは、高い保険料を納めるしかなかったわけですが、
(傷病手当金や年金は、高くなるので、一概に損ではない)
昨年から、「1年平均」と比較出来るようになりました。


具体的には、通常の4月~6月平均と前年7月から当年6月の平均を比較して、
標準報酬月額が2等級以上の差があった場合が対象となります。
ただし、本人の同意書が必要です。

どうです、気になりませんか?


行政の説明は、以下の通りです。
参考まで

○「保険者決定(年間平均)」が認められるための要件等は、次のとおりです。

(ア)「通常の方法で算出した標準報酬月額」(※1)と「年間平均で算出した標準報酬月額」(※2)の間に2等級以上の差が生じていること。

(※1)当年4月~6月の3か月間に受けた報酬の月平均額から算出した標準報酬月額(支払基礎日数が17日未満の月を除く。)

(※2)前年7月~当年6月までの間に受けた報酬の月平均額から算出した標準報酬月額(支払基礎日数が17日未満の月を除く。)

(イ)2等級以上の差が業務の性質上例年発生することが見込まれること。

(ウ)「年間平均で算出した標準報酬月額」にて定時決定することについて被保険者が同意していること。

 

算定基礎届は、健康保険の鬼!であるオフィスINOUEへ!

 

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

業界特化型就業規則

  • 就業規則 介護事業所・社会福祉法人
  • 就業規則 飲食店
  • 就業規則 病院・クリニック
  • 就業規則 幼稚園・保育園
  • 就業規則 トラック運送業

業務内容

  • 顧問サービス
  • メンタルヘルス対策顧問
  • 助成金顧問
  • 助成金申請
  • 派遣・職業紹介事業の手続き
  • 就業規則
  • 書類作成・提出代行
  • 手続き代行
  • 障害年金のご相談
  • 行政調査対応

コラム新着記事

ブログ新着記事

メディア掲載実績

月刊 ビジネスガイド

月刊 ビジネスガイド(2012年6月号)に記事が掲載されました。

「元健保組合職員の実体験に基づく!健康保険の給付に関する調査ポイントと請求書作成上の留意点」

健康保険の請求(健康保険組合に限る)は保険者に提出された後、担当者により調査が行われた上で最終的に理事長の決裁により決定されます。では、担当者はポイントをどこにおいて、どのように調査を進めていくのでしょうか。

その他のメディア掲載実績

事務所案内

  • 労務プランニング オフィスINOUE
  • 代表:井上 正宣
  • 〒651-1113
  • 兵庫県神戸市北区鈴蘭台南町6丁目5-8 リリービラ2W
  • 電話:078-220-2996
  • FAX番号:078-220-2996
  • 営業時間:平日 9:00~18:00

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

対応強化エリア

  • 兵庫県神戸市垂水区
  • 兵庫県神戸市須磨区
  • 兵庫県神戸市長田区
  • 兵庫県神戸市兵庫区
  • 兵庫県神戸市中央区
  • 兵庫県神戸市灘区
  • 兵庫県神戸市東灘区
  • 兵庫県神戸市北区
  • 兵庫県神戸市西区