労務ぷらんコラム

【障害年金】退職後に障害が発生した場合   [2018.10.31]

神戸の社労士:マサ井上です!

 

マネーポストWEBからの記事で、この様な記事がありました。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181027-00000003-moneypost-bus_all

「退職前か退職後かで全く異なる「障害年金」 重要なのは初診日」

という内容です。

------------------------------------------------

「厚生年金に加入している人が病気や怪我で障害を負えば、

65歳の年金受給開始前でも障害厚生年金と障害基礎年金を受け取ることができます。

支給額は障害の程度によるが、1級なら本来の厚生年金(報酬比例部分)の25%増しです。

そして65歳の年金受給時に、老齢年金か、そのまま障害年金をもらい続けるか有利な方を選択することができる」

(社会保険労務士の笹尾訓收氏)

しかし、退職後に病気が発見されても、障害厚生年金はもらえない。

------------------------------------------------

例えば、60歳から64歳の間で定年退職し人の場合、

------------------------------------------------

Aさん(64歳)は定年退職のわずか2か月後に心臓の病気が見つかり、その後、手術でペースメーカー(障害2級)を入れた。

現役サラリーマン時代であれば月額約12万円の障害厚生年金が受け取れるはずだったが、

定年で厚生年金を脱会して国民年金に移っていため、支給額は障害基礎年金だけの約6万6000円しかなかった。

障害が残るような病気が発見されるのが「退職前」か、「退職後」かで障害年金の受給額はこれほど違ってくる。

------------------------------------------------

そうなんです。

 

退職をしたから、厚生年金の加入者(被保険者)ではないのです。

そして、国民年金も60歳までなので、加入者ではないのですが、

保険料は60歳まで収めて、65歳から老齢基礎年金を受け取るわけで、

加入者でもない、受給者でもない期間があります。

 

この間に初診日がある障害に該当したら、障害基礎年金を受け取ることができます。

上のケースは、障害基礎年金は受け取ることができるが、退職しているので、厚生年金の加入者ではないので、

障害厚生年金はないということです。

「定年で厚生年金を脱会して国民年金に移っていため」という表現は、如何なものかとは思いますが、

理屈は、説明したとおりです。

最後に、

-----------------------------------------------------

人間ドックや健康診断で気になる点があれば、必ず在職中に医師の診断を受け、初診日を特定しておくことが大切です」(社労士)

現役時代の健康チェックが将来、万が一の時の備えとなる。

------------------------------------------------------

とありますが、まさにその通りで、退職前に、人間ドック等の健康診断を受けるべきでしょう。

 

 

 

労務プランニング オフィスINOUE

http://romuplan.com/

office-i@romuplan.com

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

コラム カテゴリ別

業界特化型就業規則

  • 就業規則 介護事業所・社会福祉法人
  • 就業規則 飲食店
  • 就業規則 病院・クリニック
  • 就業規則 幼稚園・保育園
  • 就業規則 トラック運送業

業務内容

  • 顧問サービス
  • メンタルヘルス対策顧問
  • 助成金顧問
  • 助成金申請
  • 派遣・職業紹介事業の手続き
  • 就業規則
  • 書類作成・提出代行
  • 手続き代行
  • 障害年金のご相談
  • 行政調査対応

コラム新着記事

ブログ新着記事

メディア掲載実績

月刊 ビジネスガイド

月刊 ビジネスガイド(2012年6月号)に記事が掲載されました。

「元健保組合職員の実体験に基づく!健康保険の給付に関する調査ポイントと請求書作成上の留意点」

健康保険の請求(健康保険組合に限る)は保険者に提出された後、担当者により調査が行われた上で最終的に理事長の決裁により決定されます。では、担当者はポイントをどこにおいて、どのように調査を進めていくのでしょうか。

その他のメディア掲載実績

事務所案内

  • 労務プランニング オフィスINOUE
  • 代表:井上 正宣
  • 〒651-1113
  • 兵庫県神戸市北区鈴蘭台南町6丁目5-8 リリービラ2W
  • 電話:078-220-2996
  • FAX番号:078-220-2996
  • 営業時間:平日 9:00~18:00

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

対応強化エリア

  • 兵庫県神戸市垂水区
  • 兵庫県神戸市須磨区
  • 兵庫県神戸市長田区
  • 兵庫県神戸市兵庫区
  • 兵庫県神戸市中央区
  • 兵庫県神戸市灘区
  • 兵庫県神戸市東灘区
  • 兵庫県神戸市北区
  • 兵庫県神戸市西区