労務ぷらんコラム

障害年金と健康保険のコラム 厚労省が障害年金の打切りを撤回   [2018.06.26]

神戸の社労士:マサ井上です!

先日、厚生労働省が1010人の障害基礎年金の1年後の打ち切りを発表しましたが、

撤回したようです。

引用は、毎日新聞からです。

https://mainichi.jp/articles/20180626/k00/00m/040/150000c

-------------------------

障害基礎年金の支給を巡り、日本年金機構が「障害の程度が軽い」と判断して打ち切りを検討していた1010人について、

一転して支給を継続する方針を固めたことが25日、厚生労働省などへの取材で判明した。

症状が改善していないのに支援がなくなるケースに配慮したとみられる。

1010人は成人前から心疾患や糖尿病などを患う「20歳前障害」で、

毎年80万~100万円程度の障害基礎年金を受け取っている。

症状に応じて1~5年ごとの更新を続けていた。

しかし昨年4月に支給の可否を決める審査業務が、

地域間のばらつきを是正する目的で都道府県単位から中央に一元化されると、

1010人は「障害基礎年金を受給できる程度にあると判断できなかった」との通知を受けた。

機構は経過措置として1年間は支給を続け、今後の再審査で停止する可能性を示していた。

これに対し、受給者からは「生活実態は変わらず、打ち切りは困る」といった声が出ていた。毎日新聞が5月に報じると、加藤勝信厚労相は検証する意向を表明し、機構と厚労省が対応を検討していた。

この問題では、昨年4月以降に症状が改善していないのに支給を打ち切られた受給者が

20歳前障害以外にも少なくとも数十人いるとみられる。

それらも同様に支給継続を認める方針だ。

ただし、こうした措置は以前からの受給者だけが対象のため、

新たに障害基礎年金を申請する人と認定の水準にばらつきが生じる恐れもある。

--------------------------------------------------

この様に、「20歳前障害による傷害基礎年金」受給者の対応が変わりましたが、記事にあるように、

「新たに障害基礎年金を申請する人と認定の水準にばらつきが生じる」ということが、

起こり得ると言うことです。

今まで、都道府県単位で障害年金の審査を行っていました。

それにより、都道府県格差があったのを是正するため、厚生労働省が一元審査を行うようになったのですが、

何事も、最初はつまづきます。

公平、公正な障害年金の受給への取り組みは始まったばかりです。

 

労務プランニング オフィスINOUE

http://romuplan.com/service09

office-i@romuplan.com



 

 

 

 


ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

コラム カテゴリ別

業界特化型就業規則

  • 就業規則 介護事業所・社会福祉法人
  • 就業規則 飲食店
  • 就業規則 病院・クリニック
  • 就業規則 幼稚園・保育園
  • 就業規則 トラック運送業

業務内容

  • 顧問サービス
  • メンタルヘルス対策顧問
  • 助成金顧問
  • 助成金申請
  • 派遣・職業紹介事業の手続き
  • 就業規則
  • 書類作成・提出代行
  • 手続き代行
  • 障害年金のご相談
  • 行政調査対応

コラム新着記事

ブログ新着記事

メディア掲載実績

月刊 ビジネスガイド

月刊 ビジネスガイド(2012年6月号)に記事が掲載されました。

「元健保組合職員の実体験に基づく!健康保険の給付に関する調査ポイントと請求書作成上の留意点」

健康保険の請求(健康保険組合に限る)は保険者に提出された後、担当者により調査が行われた上で最終的に理事長の決裁により決定されます。では、担当者はポイントをどこにおいて、どのように調査を進めていくのでしょうか。

その他のメディア掲載実績

事務所案内

  • 労務プランニング オフィスINOUE
  • 代表:井上 正宣
  • 〒651-1113
  • 兵庫県神戸市北区鈴蘭台南町6丁目5-8 リリービラ2W
  • 電話:078-220-2996
  • FAX番号:078-220-2996
  • 営業時間:平日 9:00~18:00

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム

対応強化エリア

  • 兵庫県神戸市垂水区
  • 兵庫県神戸市須磨区
  • 兵庫県神戸市長田区
  • 兵庫県神戸市兵庫区
  • 兵庫県神戸市中央区
  • 兵庫県神戸市灘区
  • 兵庫県神戸市東灘区
  • 兵庫県神戸市北区
  • 兵庫県神戸市西区